コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Free Theme for Plone

パーソナルツール

現在位置: ホーム / 学会発表など

学会発表など

論文誌

2016年

  • 4月28日(採録):熊谷 洋佑, 藤井 昭宏, 田中 輝雄, 深谷 猛, 須田 礼仁, 「共役勾配法への種々の通信削減手法の適用と評価」, 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS), Vol.9, No.3, pp.1-13 (2016).

2014年

  • 11月1日: Akihiro FUJII, Osni MARQUES, Axis Communication Method for Algebraic Multigrid Solver, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol.E97-D, No.11, pp.2955-2958.
  • 8月: Teruo Tanaka, Ryo Otsuka, Akihiro Fujii, Takahiro Katagiri and Toshiyuki Imamura, Implementation of d-Spline-based incremental performance parameter estimation method with ppOpen-AT, Scientific Programming 22, pp.299-307.
  • 7月16日(採録): 菱沼 利彰, 藤井 昭宏, 田中 輝雄, 長谷川 秀彦, 「AVX2を用いた倍精度BCRS形式疎行列と倍々精度ベクトル積の高速化」, 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS),Vol.7, No.4, pp.25-33 (2014).
  • 3月1日: 坂本 真貴人, 藤井 昭宏, 田中 輝雄, 「Strassenのアルゴリズムを用いた行列積自動チューニングライブラリ」, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J97-D No.3, pp.405-413.(査読あり)

2013年

  • 5月: 藤井昭宏,「SMAC法による流体解析を対象としたAMGライブラリの自動チューニング方式」, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J96-D No.5, pp.1321-1329.(査読あり)
  • 3月: 高橋光佑, 藤井昭宏, 田中輝雄,「マルチカラー法を用いたマルチGPU上でのAMG法」,電子情報通信学会論文誌 D Vol.J96-D No.3 pp.452-460.(査読あり)

査読つき会議

2017年

  • 6月2日: Masayoshi Mochizuki, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Fast Multidimensional Performance Parameter Estimation with Multiple One-dimensional d-Spline Parameter Search, The Twelfth International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT2017).
  • 3月28日: Naoya Nomura, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Kengo Nakajima and Osni Marques, "Performance Analysis of SA-AMG Solver with Additional Near-Kernel Vectors at Coarser Levels", 18th Copper Mountain Conference on Multigrid Methods, Copper Mountain, Colorado.

2016年

  • 6月28日: Naoya Nomura, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Kengo Nakajima and Osni Marques, "Performance Analysis of SA-AMG Method by Setting Extracted Near-kernel Vectors", 12th International Meeting on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR2016), Porto, Portugal.

2015年

  • 9月24日: Riku Murata, Jun Irie, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka and Takahiro Katagiri, "Enhancement of Incremental Performance Parameter Estimation on ppOpen-AT", Special Session: Auto-Tuning for Multicore and GPU (ATMG-15) In Conjunction with the IEEE 9th International Symposium on Embedded Multicore/Many-core Systems-on-Chip (MCSoC-15).
  • 9月7日 :Yosuke Kumagai, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Yusuke Hirota, Takeshi Fukaya, Toshiyuki Imamura, and Reiji Suda, "Performance Analysis of the Chebyshev Basis Conjugate Gradient Method on the K Computer", 11th International Conference on Parallel Processing and Applied Mathematics (PPAM2015).
  • 1月26日: Akihiro Fujii, Takuya Nomura, Teruo Tanaka and Osni Marques,AMGS: Algebraic Multigrid Solver with Coarse Grid Aggregation, Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI2015).

2014年

  • 9月9日: Yuki Sumiyoshi, Akihiro Fujii, Akira Nukada, and Teruo Tanaka, "Mixed Precision AMG method for Many Core Accelerators", International Workshop on Enhancing Parallel Scientific Applications with Accelerated HPC (ESAA 2014) to be held as part of EuroMPI/ASIA.

2013年

  • 9月10日 :Toshiaki Hishinuma, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, and Hidehiko Hasegawa, "AVX Acceleration of DD Arithmetic between a Sparse Matrix and Vector", 10th International Conference on Parallel Processing and Applied Mathematics(PPAM2013), Workshop on Numerical Algorithms on Hybrid Architectures, 口頭発表
  • 1月: 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 長谷川秀彦, 「AVXを用いた倍々精度疎行列ベクトル積の高速化」, ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS2013), Vol.2013, pp.23-31.

2011年

  • 12月: Kazuta Kobashi, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Kazunori Miyoshi, "Acceleration of Ant Colony Optimization for the Traveling Salesman Problem on a GPU", In Proceedings of the 23rd IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS 2011) , Track: 757-070, ACTA Press.
  • 12月: Kosuke Takahashi, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, "GPGPU-based Algebraic Multigrid Method", In Proceedings of the 23rd IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS 2011) , Track: 757-061, ACTA Press.

研究会

2017年

  • 3月27-28日: 斯波柾, 愛沢菜穂, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 平澤将一, Xev-GMPへのMPI通信機能の拡張と反復解法への適用に向けた評価, 5回大規模並列数値計算技術に関する研究集会 ---多倍長計算と精度保証---, Fifth Workshop on Largescale Parallel Numerical Computating Technology(LSPANC 2017), RIKEN AICS.
  • 3月27-28日: 愛沢菜穂, 斯波柾, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 平澤将一, GMP対応MPI通信ライブラリの設計と基本性能評価, 5回大規模並列数値計算技術に関する研究集会 ---多倍長計算と精度保証---, Fifth Workshop on Largescale Parallel Numerical Computating Technology(LSPANC 2017), RIKEN AICS.

2016年

  • 12月21日: 斯波柾, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 平澤 将一, 多倍長精度プログラムの自動生成機構Xev-GMPにおける混合精度プログラムの生成と評価, Vol.2016-HPC-157, No.3, pp.1-8.
  • 10月19日: 藤井昭宏, 野村直也, 田中輝雄, Algebraic multigrid method with multiple near-kernel vector, RIMS研究集会, 現象解明に向けた数値解析学の新展開 .
  • 5月21日: 根本貴大, 田中輝雄, 藤井昭宏, 大川宜昭, 佐藤正晃, 林康紀, 井ノ口馨, 深井朋樹, 竹川高志, 大規模なカルシウムイメージングデータに対する自動ソーティングの高速化, ニューロコンピューティング研究会, IEICE-116, No.59, pp.17-22.
  • 3月2日: 田口 悠太, 金子 重郎, 野村 直也, 藤井 昭宏, 田中 輝雄, 時間発展非線形偏微分方程式へのMultigrid Reduction in Timeの適用における特性評価, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2016-HPC-153, No.19, pp.1-7.
  • 3月1日: 熊谷洋佑, 野地優希, 藤井昭宏, 田中輝雄, 須田礼仁, 通信削減Jacobi法を前処理とした共役勾配法の性能評価, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2016-HPC-153, No.3, pp.1-6.

2015年

  • 12月16日: 榊原巧磨, 佐々木 信一, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 平澤将一, GMPライブラリを用いた任意多倍長プログラムへ自動変換機構の提案, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, vol.2015-HPC-152, No.6, pp.1-8.
  • 12月3日: Teruo Tanaka, "Enhancement of Functionality of ppOpen-AT with d-Spline based Incremental Performance Parameter Estimation", International Workshop on Software for Peta-scale Numerical Simulation (SPNS2015).
  • 10月01日: 佐々木 信一, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 椋木大地, 今村俊幸, 京・FX10における倍々精度演算の高速化, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, vol.2015-HPC-151, No.15, pp.1-7.
  • 6月26日: 野村 直也, 野村 卓矢, 藤井 昭宏, 田中 輝雄, SA-AMG法における粗格子領域集約と性能分析, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2015-HPC-149, No.8, pp.1-9.
  • 3月3日: 入江純, 村田陸, 藤井昭宏, 田中輝雄, 片桐孝洋, 自動チューニング基盤ppOpen-AT上での標本点逐次追加型複数パラメータ同時推定機能の実現, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2015-HPC-148, No.27, pp.1-8.
  • 3月 2日: 荒谷祐紀, 藤井昭宏, 田中輝雄, GPUクラスタ上のAMG法の高速化,ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2015-HPC-148, No.11, pp.1-8.
  • 3月 2日: 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 長谷川秀彦, AVX2を用いた倍々精度反復解法の高速化,ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2015-HPC-148, No.9, pp.1-7.
  • 3月 2日: 黒田勝汰, 藤井昭宏, 田中輝雄, Matrix Powers Kernel の共有メモリ環境への適用におけるMulticolor ordering による重複計算の軽減, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2015-HPC-148, No.6, pp.1-6.
  • 1月24日: 堀田涼, 田中輝雄, 牧野潔夫,「平方根の任意多倍長計算法の例」, 日本数式処理学会東北地区合同分科会. (査読なし)

2014年

  • 8月20日: 堀田涼, 田中輝雄, 牧野潔夫, 「平方根の任意多倍長計算法の例」, RIMS共同研究「数式処理研究の新たな発展」. (査読なし)
  • 7月29日: 熊谷洋佑, 藤井昭宏, 田中輝雄, 須田礼仁, 「超高並列環境での通信削減を目的としたChebyshev基底共役勾配法の特性評価」, SWoPP2014, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会研究報告, Vol.2014-HPC-145, No.17. (査読なし)
  • 7月29日: 佐々木 信一, 菱沼 利彰, 藤井 昭宏, 田中 輝雄, 「Many Integrated Core architecture における倍々精度疎行列ベクトル積」, SWoPP2014, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会研究報告, vol.2014-HPC-145, No.16, pp.1-7, 2014-07-21, 一般社団法人情報処理学会(査読なし)
  • 3月7日: 菱沼利彰, 田中輝雄, 長谷川秀彦, 「倍精度BCRS形式疎行列と倍々精度ベクトル積のAVX2による高速計算」, 第4回多倍長精度計算フォーラム, 2014-3-7, 工学院大学.(査読なし)
  • 3月7日: 堀田涼, 田中輝雄, 牧野潔夫, 「平方根の任意多倍長高速計算」, 第4回多倍長精度計算フォーラム, 2014-3-7, 工学院大学.(査読なし)
  • 3月3日: 村田陸, 田中亮平, 坂本真貴人, 藤井昭宏, 田中輝雄, 「情報量基準ABICによるデータあてはめの制約条件付き問題への適用」, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2013-HPC-143 No.15. (査読なし)
  • 2月20日: Akihiro Fujii, Takuya Nomura, Teruo Tanaka, and Osni Marques, Dynamic Parallel Algebraic Multigrid Coarsening for Strong Scaling, Organized Session MS50 "Auto-tuning Technologies for Extreme-Scale Solvers" - Part III, SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP14), Marriott Portland Downtown Waterfront, Portland, Oregon, USA
  • 1月25日: 堀田涼, 田中輝雄, 牧野潔夫,「平方根の任意多倍長計算法の例」, 日本数式処理学会東北地区合同分科会. (査読なし)

2013年

  • 10月1日:住吉優希, 長岡駿希, 藤井昭宏, 額田彰, 田中輝雄,「APU上の混合精度AMG法」, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会,Vol.2013-HPC-141 No.13 (査読なし)
  • 5月: 野村卓矢, 藤井昭宏, 田中輝雄, 「Smoothed Aggregationに基づくAMG法における分散アグリゲートの集約による通信の最適化」,ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会,Vol.2013-HPC-139 No.17. (査読なし)
  • 3月: Teruo Tanaka, Makito Sakamoto, Akihiro Fujii, "BLAS3-level Matrix Multiply Automatic Tuning Implemented within Strassen", Conference on Advanced Topics and Auto Tuning in High Performance Scientific Computing(@^2HPSC) (査読なし)
  • 3月: Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, "Online Auto-Tuning Technique for Algebraic Multi-Grid Solver", Conference on Advanced Topics and Auto Tuning in High Performance Scientific Computing(@^2HPSC)(査読なし)
  • 3月: 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 長谷川秀彦,「AVXを用いた倍々精度疎行列ベクトル積の高速化」, 第3回多倍長精度計算フォーラム,HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」 (査読なし)
  • 2月: 坂本真貴人, 藤井昭宏, 田中輝雄, 「Strassenのアルゴリズムを付加した行列積自動チューニングライブラリ」, ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, Vol.2013-HPC-138 No.6. (査読なし)

2012年

  • 12月: 高橋光佑、藤井昭宏、田中輝雄, GPUのダイレクト通信を用いたAMG法, HOKKE-20, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会研究報告, Vol.2012-HPC-137 No.30.(査読なし)
  • 12月: 荒谷祐紀、藤井昭宏、田中輝雄, GPU上でのAMG法におけるChebyshev多項式緩和法, HOKKE-20, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会研究報告, Vol.2012-HPC-137 No.36.(査読なし)
  • 10月: Akihiro Fujii, "Online Auto-tuning Technique of AMG Solver for Fluid Analysis", The 11th International Symposium on Advanced Technology (ISAT-Special), 2 pages on conference USB-Stick, October 30. (査読なし)
  • 8月: 田中輝雄, 大塚亮, 藤井昭宏, 片桐孝洋、「自動チューニング基盤ppOpen-AT への標本点逐次追加型性能パラメータ推定法の適用」,日本応用数理学会 2012年度年会正会員主催 OS /ソフトウェア自動チューニング研究最前線,8月31日(金),予稿集pp.275-276.(査読なし)
  • 8月: 菱沼利彰、浅川圭介、藤井昭宏、田中輝雄、長谷川秀彦、「反復法ライブラリ向け倍々精度演算のAVXを用いた高速化」,SWOPP2012,情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会研究報告, Vol.2012-HPC-135,No.16.(査読なし)
  • 6月: Teruo Tanaka, Ryo Otsuka, Akihiro Fujii, Takahiro Katagiri, "An Incremental Parameter Estimation Method Applying d-Spline for Software Automatic Tuning", The 8th East Asia Section of SIAM Conference (EASIAM 2012) at National Taiwan University, Taipei, Taiwan, June 25-27, 2012. (査読なし)
  • 5月: 藤井昭宏、中村修、「流体解析を対象としたAMGライブラリの自動チューニング技術」,計算工学講演会OS16「自動チューニング技術の最新研究動向」, 京都教育文化センター.(査読なし)
  • 3月: 高橋光佑、藤井昭宏、田中輝雄、「マルチGPUを用いたAMG法」,情報処理学会 第133回ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,Vol.2012-HPC-133,No.29.(査読なし)
  • 2月: Akihiro Fujii, Osamu Nakamura, "Automatic Tuning AMG Library for Fluid Analysis Applications", SIAM Conference on Parallel Processing (PP12), Savannah, GA.(査読なし)

2011年

  • 10月: Akihiro Fujii , Osamu Nakamura, "Automatic tuning for Algebraic Multigrid solver for Fluid analysis", The Tenth Advanced Supercomputing Environment (ASE) Seminar,13th October, 2011, Information Technology Center, The University of Tokyo (Hongo)(査読なし)
  • 3月: 水上忠彦,藤井昭宏,小柳義夫,「AMGライブラリのMPI/OpenMPハイブリッド並列による高速化」情報処理学会 第129回ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,Vol.2011-HPC-129,No.9.(査読なし)
  • 3月: 藤井昭宏、中村修、小柳義夫,「流体解析を対象としたAMGライブラリの自動チューニング」情報処理学会 第129回ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,Vol.2011-HPC-129,No.15.(査読なし)
  • 3月: 小橋一太、藤井昭宏、小柳義夫,「TSPにおけるアントコロニー最適化法のGPUによる高速化」情報処理学会 第129回ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,Vol.2011-HPC-129,No.19.(査読なし)
  • 3月: 高橋光佑、藤井昭宏、小柳義夫,「GPGPUを用いたAMG法」情報処理学会 第129回ハイパフォーマンスコンピューティング研究会,Vol.2011-HPC-129,No.21.(査読なし)

全国大会とそれに準ずる講演

2017年

  • 9月6-8日: 望月大義, 范谷瑛, 藤井昭宏, 田中輝雄, 複数性能パラメタによる自動チューニングにおける性能パラメタ間相関関係の影響, 日本応用数理学会2017年度年会(JSIAM2017).
  • 3月16-18日: 根本貴大,田中輝雄,藤井昭宏,竹川高志,大規模なカルシウムイメージングデータに対する自動ソーティングアルゴリズムのチューニング, 79回情報処理学会全国大会,5G-06.
  • 3月16-18日: 朝倉豪彦, 野村直也, 藤井昭宏, 田中輝雄, 複素数電磁場解析の問題におけるSmoothed Aggregation Algebraic Multigrid法の適用, 79回情報処理学会全国大会, 5G-05.
  • 3月16-18日: 室燎, 田中輝雄, 藤井昭宏, Hierarchical Diagonal Blockingの階層構造に着目した疎行列ベクトル積の性能評価, 79回情報処理学会全国大会, 5G-02.
  • 3月16-18日: 山口翔, 藤井昭宏, 田中輝雄, MICアーキテクチャ上でのHierarchical Diagonal Blockingを利用した疎行列ベクトル積の性能評価, 79回情報処理学会全国大会, 5G-01.
  • 3月16-18日: 野口貴希, 藤井昭宏, 田中輝雄, RDMAコードの置き換えによる隣接通信の高速化, 79回情報処理学会全国大会, 2G-02.
  • 3月16-18日: 愛沢菜穂, 斯波柾, 菱沼利彰, 田中輝雄, 藤井昭宏, 平澤将一, 多倍長型MPIプログラムの自動生成に向けた多倍長型通信ライブラリの実装と評価, 79回情報処理学会全国大会, 2G-01.
  • 3月16-18日: 高見澤淳弘, 范谷瑛, 望月大義, 藤井昭宏, 田中輝雄, ベイズ型情報量基準ABICを用いた不等間隔データのあてはめ, 79回情報処理学会全国大会, 1G-07.
  • 3月16-18日: 范谷瑛, 望月大義, 田中輝雄, 藤井昭宏, 片桐孝洋, 自動チューニングにおけるd-Spline近似の実時間のブレを考慮した手法の提案, 79回情報処理学会全国大会, 1G-06.

2016年

  • 10月24日: 野村直也, 藤井昭宏, 田中輝雄, 中島研吾, SA-AMG法におけるニアカーネルベクトルを用いることによる収束性の改善, 15回オープンアカデミックセッション(ATOS15).
  • 9月12日: 望月大義, 藤井昭宏, 田中輝雄, 複数性能パラメタ空間を線形探索する標本点逐次追加型性能パラメタ推定法, 日本応用数理学会2016年度年会(JSIAM2016).
  • 9月9日: 根本貴大,田中輝雄,藤井昭宏,竹川高志,大規模なカルシウムイメージングデータに対する自動ソーティングアルゴリズムの高速化,情報科学技術フォーラム(FIT2016).
  • 6月6-7日: 田中輝雄, 望月大義, 村田陸, 藤井昭宏, 複数性能パラメタ空間における実行時AT機構, オーガナイズセッション「エクサスケールコンピューティングに向けた自動性能チューニング研究の進展」, 2016年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, HPCS2016.
  • 5月31日: 金子重郎, 田口悠太, 藤井昭宏, 田中輝雄, 時間方向のマルチグリッド法の有効性の評価, 計算工学講演会, No.F-1-3.
  • 3月10日-12日:望月大義,村田陸,藤井昭宏,田中輝雄,標本点逐次追加型性能パラメータ推定法における複数パラメータ上での探索方法,情報処理学会第78回全国大会,No.2G-04.
  • 3月10日-12日:野地優希,熊谷洋佑,藤井昭宏,田中輝雄,Matrix Powers Kernelの反復解法への適用,情報処理学会第78回全国大会,No.2G-5.
  • 3月10日-12日:金子重郎,田口悠太,野村直也,藤井昭宏,田中輝雄,時間方向のマルチグリッド法におけるレベル間自由度に関する考察,情報処理学会第78回全国大会,No.2G-06.
  • 3月10日-12日:根本望,野村直也,藤井昭宏,田中輝雄,極大独立集合問題における並列性と解の精度,情報処理学会第78回全国大会,No.4H-2.

2015年

  • 12月25日:藤井昭宏, 代数的マルチグリッド法のパラメタ探索空間について, 第7回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム(ATTA2015), 東京大学 山上会館.
  • 12月2日:Naoya Nomura, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka,Kengo Nakajima, Performance analysis of SA-AMG method by setting near-kernel vectors, 21th Advanced Supercomputing Environment (ASE) Seminar, The University of Tokyo (Hongo).
  • 10月19日:村田陸,藤井昭宏,田中輝雄, 片桐孝洋,多次元パラメタ空間に向けた標本点逐次追加型性能パラメタ推定法の拡張,第12回AT研究会オープンアカデミックセッション(ATOS12).
  • 10月19日:熊谷洋佑,藤井昭宏,田中輝雄, 廣田 悠輔,深谷猛,今村 俊幸,須田礼仁,京・FX10におけるChebyshev基底共役勾配法の性能分析,第12回AT研究会オープンアカデミックセッション(ATOS12).
  • 9月11日: 村田陸, 入江純, 藤井昭宏, 田中輝雄, 片桐孝洋, 二次元パラメタ空間への標本点逐次追加型性能パラメタ推定法の拡張, 日本応用数理学会2015年度年会, 番号不明.
  • 6月8日: 藤井昭宏, 野村卓矢, 田中輝雄, 代数的多重格子法の粗格子集約パラメタの最適化, OS15: エクサスケールに向けた自動チューニング技術の最新研究動向, 第20回計算工学講演会, 筑波国際会議場.
  • 3月17日-19日: 戸田敬太, 熊谷洋佑, 藤井昭宏, 田中輝雄, カッコウ探索と2opt法のハイブリッド化による巡回セールスマン問題の解法, 情報処理学会第77回全国大会, No.4K-1.
  • 3月17日-19日: 丸地賢, 佐々木信一, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 平澤将一, Xevolverを用いたGMPコードへの自動変換機能の実装, 情報処理学会第77回全国大会, No.1J-4.
  • 3月17日-19日: 花上直樹, 佐々木信一, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, Hierarchical Diagonal Blockingを用いた疎行列ベクトル積の特性評価, 情報処理学会第77回全国大会, No.1J-1.
  • 3月17日-19日: 野村直也, 熊谷洋佑, 藤井昭宏, 田中輝雄, ハイブリッド並列によるChebychev基底共役勾配法の性能評価, 情報処理学会第77回全国大会, No.2J-1.
  • 3月17日-19日: 根本貴大, 熊谷洋佑, 藤井昭宏, 田中輝雄, トーラス/メッシュ環境のプロセスランクマッピングによる通信性能評価, 情報処理学会第77回全国大会, No.1J-3.
  • 3月17日-19日: 坂本真貴人, 藤井昭宏, 小西克巳, 田中輝雄, 行列和計算最適化によるStrassen 法の高速化,情報処理学会第77回全国大会, No.1J-5.
  • 3月17日-19日: 黒田勝汰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 共有メモリ環境におけるMatrix Powers Kernelの評価, 情報処理学会第77回全国大会, No.2J-2.
  • 3月17日-19日: 入江純, 村田陸, 藤井昭宏, 田中輝雄, 片桐孝洋, 標本点逐次追加型実行時自動チューニング機構への複数パラメータ同時推定機能の実装と評価,情報処理学会第77回全国大会, No.1J-2.

2014年

  • 9月3日: 藤井昭宏, 野村卓矢, 田中輝雄, 超高並列環境での代数的多重格子法における隣接通信の最適化日本応用数理学会 (JSIAM2014).
  • 6月: 藤井昭宏, 野村卓矢, 田中輝雄, 超高並列環境での代数的多重格子法の最適化技術, 計算工学講演会論文, Vol. 19.
  • 3月12日: 佐藤真之介, 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 「AVXを用いたBCRS形式疎行列ベクトル積の特性評価」, 情報処理学会第76回全国大会講演会
  • 3月12日: 田中亮平, 村田陸, 坂本真貴人, 藤井昭宏, 田中輝雄, 「ABICを用いたデータのあてはめの二相問題への適用」, 情報処理学会第76回全国大会講演会

2013年

  • 9月10日:坂本真貴人, 藤井昭宏, 小西克己, 田中輝雄, 「並列化Strassen法を用いた行列積に対する自動チューニング手法の提案」, 日本応用数理学会年会2013年度年会, 番号不明.
  • 3月7日: 石塚祥士, 藤井昭宏, 田中輝雄,「OpenGLを用いた流体シミュレーションにおけるインタラクティブ操作の実現」,情報処理学会第75回全国大会講演会
  • 3月6日: 大塚亮, 藤井昭宏, 田中輝雄(工学院大), 片桐孝洋(東大)「自動チューニング基盤ppOpen-ATへの逐次推定型実行時チューニング機構の実装」,情報処理学会第75回全国大会講演会
  • 3月6日: 五十嵐勇輝, 藤井昭宏, 田中輝雄,「GPGPUを用いた行列行列積の自動チューニング」,情報処理学会第75回全国大会講演会
  • 3月6日: 佐藤真之介, 藤井昭宏, 田中輝雄,「ブロック圧縮行格納形式への高速データ構造変換方式の開発」,情報処理学会第75回全国大会講演会
  • 3月6日: 伊藤甫, 藤井昭宏, 田中輝雄,「巡回セールスマン問題における粒子群最適化と2-opt法を組み合わせた最短経路探索法」,情報処理学会第75回全国大会講演会

2011年

  • 9月: 藤井昭宏,中村 修「流体解析を対象とした自動チューニング機能付 AMG ライブラリ」, 日本応用数理学会2011年度年会,正会員主催 OS /自動チューニング,2011年9月15日(木),予稿集 pp.193-194.

ポスター

2015年

  • 12月3日: Riku Murata, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka and Takahiro Katagiri. "Preliminary Evaluation of Surrogate-Assisted Tuning Method for Software Auto-Tuning", International Workshop on Software for Peta-scale Numerical Simulation (SPNS2015).
  • 1月27日: 佐々木信一, 藤井昭宏, 田中輝雄, 椋木大地, 今村俊幸,「スーパコンピュータ京における倍々精度演算の高速化」,Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI2015),ポスター(査読あり).

2014年

  • 7月1日: Toshiaki Hishinuma, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, and Hidehiko Hasegawa. "Fast computation of double precision sparse matrix in BCRS and DD vector product using AVX2", 11th International Meeting HighPerformance Computing for Computional Science (VECPAR2014), Eugene,Oregon, USA, July 1st, 2014. Poster (with review)
  • 1月7日: 菱沼利彰, 田中輝雄, 長谷川秀彦, 「疎行列ベクトル積に対するOpenMPスケジューリング方式の分析」, ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2014), pp. 31, ポスター.(査読なし)

2013年

  • 6月: Yuki Araya, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, "Chebyshev Polynomial Smoother in Multiple GPU-based AMG method", Fourth International Symposium on Highly Efficient Accelerators and Reconfigurable Technologies(HEART2013), P12, Poster Presentation. (査読あり)
  • 1月: 菱沼利彰, 藤井昭宏, 田中輝雄, 長谷川秀彦, 「AVXを用いた倍々精度疎行列ベクトル積-転置行列」, ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS2013),Vol.2013, pp.76-76, ポスター. (査読なし)

2012年

  • 10月: Kosuke Takahashi, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, "Modified Multi Color Based AMG Method on Multiple GPUs", The 11th International Symposium on Advanced Technology (ISAT-Special), 2 pages on conference USB-Stick, Poster Presentation, October 30. Best Presetation Award. (査読なし)
  • 10月: Ryo Otsuka, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Takahiro Katagiri, "Implementation of Incremental Performance Parameter Estimation Method to ppOpen-AT", The 11th International Symposium on Advanced Technology (ISAT-Special), 2 pages on conference USB-Stick, Poster Presentation, October 30. (査読なし)
  • 10月: Toshiaki Hishinuma, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Hidehiko Hasegawa, "An Evaluation of Double-Double Precision Operation for Iterative Solver Library Using AVX", The 11th International Symposium on Advanced Technology (ISAT-Special), 2 pages on conference USB-Stick, Poster Presentation, October 30. (査読なし)

その他

2017年

  • 3月16日: 朝倉豪彦, 情報処理学会第79回全国大会,学生奨励賞受賞
  • 3月16日: 范谷瑛, 情報処理学会第79回全国大会,学生奨励賞受賞

2016年

  • 3月10日: 望月大義, 情報処理学会第78回全国大会,学生奨励賞受賞

2015年

  • 3月3日: 黒田勝汰, 「俺(ら)がスパコン!?」, 第三回HPCアイデア・コンテスト, 最優秀賞受賞

2014年

  • 3月3日: 佐々木信一, 「Rスパコン -目指せエネルギー効率100%-」, 第二回HPCアイデア・コンテスト, 優秀賞受賞

2012年

  • 5月: 菱沼利彰, 加山英賢, 「FTPのストライピングによる高速データ転送」, 第1回 ICTプログラミングコンテスト, ICT教育推進協議会, 5月26日 (GMOクラウド賞 受賞).

 

2010年以前の論文

2010年

  • 3月: A.Fujii, T.mizukami, S.Fujino, Y.Oyanagi, Algebraic Multigrid method with IDR-based Solver, 2th International Kyoto Forum on Krylov Subspace. (査読なし)
  • 3月: 五十嵐公一,小柳義夫,藤井昭宏,「GPGPUを利用した疎行列ソルバの高速化」,情報処理学会 第72回全国大会.(査読なし)
  • 3月: 高橋 聡,小柳義夫,藤井昭宏,「MPIを用いたハードディスクドライブシミュレータプログラムの並列化」,情報処理学会 第72回全国大会.(査読なし)
  • 3月: 吉田 淳,小柳義夫,藤井昭宏,「CELL/B.E.による疎行列ベクトル積の高速化」,情報処理学会 第72回全国大会.(査読なし)

2009年

  • 12月: 藤井昭宏,小柳義夫,「科学技術シミュレーションにて多用される代数的多重格子法の評価」,シミュレーション 第28巻第4号,pp.9-14. (解説記事)
  • 藤澤明信,若林伴典,藤井昭宏,金井 靖,吉田和悦,「マイクロマグネティックシミュレータのためのOpenMPによる高速化」, Journal of Magnetics Society of Japan. Vol.33, No.3,2009.(査読あり)
  • 4月: A.Fujii,Y.Oyanagi,Automatic parameter tuning technique of algebraic multigrid method,15th International Conference on Finite Elements in Flow Problems.(査読なし)
  • 2月: 若林伴典,藤井昭宏,小柳義夫,吉田和悦,「PowerXCell 8iによる磁気記録シミュレータの高速化」,情報処理学会 第119回ハイパフォーマンスコンピューティング研究会(HOKKE2009).(査読なし)

2008年

  • 12月: 藤井昭宏,小柳義夫,「代数的マルチグリッド法のパラメタ自動設定について」,数値流体シンポジウム22回,CDROM.(査読なし)
  • 6月: 小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃, 「反復法ライブラリ向け4倍精度演算の実装とSSE2を用いた高速化」, 情報処理学会論文誌「コンピューティングシステム」, Vol.1, No.1, pp.73-84, 情報処理学会.(査読あり)
  • 5月: 藤井昭宏,小柳義夫,「AMG法のパラメタと性能に関する考察」,第13回 計算工学講演会, pp.663-666,vol2.(査読なし)

2007年

  • 9月: A. Fujii, R. Suda, A. Nishida, and Y. Oyanagi. Evaluation of Asynchronous Iterative Method for Sparse Matrix Solver. In Proceedings of the Second international Workshop on AutomaticPerformance Tuning, pp.43-51, September 20-21, 2007. (査読あり)
  • 5月: 藤井昭宏,非同期反復解法に基づく疎行列ソルバの性能評価,第12回 計算工学講演会, pp.609-612. (査読なし)
  • 5月: 小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田 晃,高速な4倍精度演算を用いたクリロフ部分空間法の安定化, 第12回 計算工学講演会,pp.631-634. (査読なし)
  • 3月: 藤井昭宏,疎行列ソルバにおける非同期反復解法の性能評価, 情報処理学会研究報告 2007-HPC-109(HOKKE 2007), pp13-18. (査読なし)
  • 1月: Akira Nishida, Hisasi Kotakemori, Akihiro Fujii, Development of Scalable Software Infrastructure on Blue Gene Systems, JULICH Blue Gene/L Scaling Workshop 2006. (査読なし)
  • 1月: 小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃, 倍精度と4倍精度の混合型反復法の提案,ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集, pp9-16. (査読あり)

2006年

  • 10月: Satoshi Ono, Katsumi Konishi, Akihiro Fujii, Yasushi Matsumoto,Universal Design Aspect of Human Resource Development Program for Secure Information System Designers - Case Study on a Customized Medical Care Support System Design,UD2006(Int'l Conf. On Universal Design in Kyoto 2006) (査読なし)
  • 10月: 小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃,SSE2 を用いた反復解法ライブラリ Lis 4倍精度版の高速化,情報処理学会研究報告 2006-HPC-108, pp7-12 (査読なし)
  • 1月: 小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃,Lis: a Library of Iterative Solvers for linear systems,ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2006), p.30, ポスター, 2006.(査読なし)

2005年以前の主な発表論文

  • A. Fujii, A. Nishida, and Y. Oyanagi,Evaluation of Parallel Aggregate Creation Orders : Smoothed Aggregation Algebraic Multigrid Method,IFIP International Federation for Information Processing, Vol. 172, pp.99-122, Springer, 2005. (査読あり)
  • A. Fujii, R. Suda, and A. Nishida, Parallel Matrix Distribution Library for Sparse Matrix Solvers, Proceedings of The 8th International Conference on High Performance Computing in Asia Pacific Region (HPC Asia 2005), pp.213-219, 2005. (査読あり)
  • A. Fujii, A. Nishida, and Y. Oyanagi, Vectorized Algebraic Multigrid Algorithm for Unstructured Finite Element Problems, Proceedings of 6th International Meeting on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR2004), Poster Presentation, June 28-30, 2004, Valencia. (査読なし)
  • A. Fujii, A. Nishida, and Y. Oyanagi.The Evaluation of The Aggregate Creation Orders : Smoothed Aggregation Algebraic MultiGrid Method. Proceedings of International Symposium on High Performance Computational Science and Engineering (HPCSE-04), CDROM, 2004. (査読あり)
  • 藤井昭宏,西田 晃,小柳義夫,Smoothed Aggregation MG法の異方性問題への対応と評価,先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2003),pp.137-144,2003. (査読あり)
  • 藤井昭宏, 西田 晃, 小柳義夫. 領域分割に基づく並列AMG法. In Proceedings of High Performance Computing Symposium 2003, pp.83-90, 2003. (査読あり)

Naoya Nomura, Akihiro Fujii, Teruo Tanaka, Kengo Nakajima and Osni Marques, Performance Analysis of SA-AMG Method by Setting Extracted Near-kernel Vectors, 12th International Meeting on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR2016), Porto, Portugal, 2016,6,28.

This is Schools Diazo Plone Theme