コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Free Theme for Plone

パーソナルツール

現在位置: ホーム / software / AMGS: 代数的マルチグリッド( AMG )法 のライブラリ

AMGS: 代数的マルチグリッド( AMG )法 のライブラリ

AMGSは,代数的マルチグリッド法(AMG法)を実装しているライブラリで,大規模線形方程式を高速に解くことを目的としています.

本ライブラリは逐次版と並列版がありますが,両方にGPU上でのソルバと,自動チューニング機能が含まれています.

その他、それぞれ以下の特徴があります.

  • 逐次版
    • StubenらによるAMG法からSmoothed Aggregationに基づく手法まで5種類のAMG法が利用可能で、CG法など様々な解法の前処理として利用可能できます.
  • 並列版
    • Smoothed Aggregationに基づくAMG法について,領域分割に基づく並列化がされており,BiCGSTAB法など代表的な解法と組み合わせることが可能です.
    • 領域境界でアグリゲートを共有する実装(coupled版)を含め,多様なアグリゲート生成戦略を選択できます.
    • 一つの問題行列からParMETISによる行列分散ルーチンも組み込まれています.

 

本ライブラリ作成にあたり,データ構造などGeoFEMライブラリを参考にさせていただきました.

また以下の方々にライブラリ作成に大きく協力してもらいました.

  • 水上 忠彦 君:ハイブリッド並列化部分
  • 高橋 光佑 君:GPU上のソルバ
  • 野村 卓矢君: 粗いレベルでの並列度の集約
  • 野村 直也君: GPBICGソルバ部分

 

ダウンロード

  • 逐次版: Version 1.1 :  2017/5/1
  • 並列版: Version 1.9 : 2016/6/7
    • ソースコード[Fortran 90 + MPI-1 + OpenMP + C + CUDA]
    • 更新履歴
      • 1.0: uploaded (2014/12/4)
      • 1.1: scaling bug was removed. (2014/12/5)
      • 1.2: parameter setting subroutine amgs_parameter_option_file was added. (2015/3/10)
      • 1.3: interface routines like amgs_option_info() are updated. (2015/5/25)
      • 1.4: Bugs related with deallocate() are removed. (2015/6/11)
      • 1.5: Vector version of AMG solver is added. (2016/2/24)
      • 1.6: GPBICG solver is added to scalar and vector solver. (2016/2/27)
      • 1.7: Coarse grid aggregation has been included into vector and scaler version. Bugs related with this part was removed. (2016/4/18)
      • 1.8: A bug related with w_o_LU option is removed. (2016/4/21)
      • 1.9: Bugs related with parameter setting routines are removed. (2016/6/7)
  • マニュアル : 2015/5/25
  • コードライセンス: 修正BSDライセンス

連絡先

バグ報告やご意見は,下のメールアドレスにご連絡ください.

fujii [at mark] cc.kogakuin.ac.jp

This is Schools Diazo Plone Theme